腰痛を防ぐ寝方の紹介

寝ていると腰が痛くて目が覚める

そういったことって良くありませんか?

このままでは辛いので病院に行っても特に異常なしと言われて

何だか、気分が落ち込んでしまいますよね

しかし、自分の身体は痛いからと言って機械のように交換とはいきません

出来れば痛くないように、せめて動かせるようにしておきたいものです。

その為にも原因を解決した身体のケアをしなければならないです

寝起きで一番多い訴えは?

そういえば、寝起きで私が1番訴えるのが多いなぁと思うのは腰痛です。

特に前屈みで腰痛で感じる人は注意しなければなりません

何故かというと寝ている時になりやすい姿勢が前屈みだからです。

ただでさえ前屈みになると腰痛を起こしてしまう方が寝た際にその姿勢を強調されたら更に痛くなると思いませんか?

思い当たる方は今日からその姿勢を辞めましょう

寝起きの解決策は?

ここからは思い当たる方が読んでください。

まず、気にして欲しいのは寝具の材質です。

布団ですか?マットレスですか?

どちらでも素材でも同じことなのですが、重要なのは材質が痛んでいるかどうかです。

特に寝た時にお尻の辺りが当たる部分を気をつけて見てほしいです

見てわからない時は手の甲で触ってみましょう

傷んでいれば、若干凹んでいる感触があると思います

その感触がするようであれば交換をするサインです。

家具屋へ行きましょう。

それでは何故、凹んでいるといけないかというと…

その答えは【腰が重さで沈み過ぎて丸まってしまう】ことになります。

短時間なら大丈夫なのですが…

一晩となるような長時間ですと大きな負担になってしまいます

これが寝ている時に腰が痛いと感じる

原因の一つになります

では、防ぐ為には買い替えるのが1番早いのですが

中々、そうは出来ません…

そんな方にオススメしたいのは

お尻が当たる部分にタオルを四つ折りにしてひいてみて下さい

そこにお尻が乗るように寝てみて下さい

イマイチ効果が感じられない時はタオルの高さをあげてみて下さい

それで丸まりにくくなるはずです

以上ですが腰の痛みが抜けない時は試してみてください

では、明日は今日よりも良くなりましょう

もし役に立てたら、【いいね】をお願いします。

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。