本日は首から背中辺りにでやすい首の痛みについて話をしていきたいと思います。

首の痛みにもヘルニア・狭窄症・頸椎症などたくさんあります。

その中でも急な痛みで、中々治りにくい寝違えの説明と対処法について説明していきたいと思います

寝違いではこのようなことにお悩みではなりませんか

  • スポーツをして転んだ際に首を痛めた。
  • 今までは寝違えてもすぐ治っていたのに、今回は一日中痛い
  • 朝起きた時に激痛を感じて、夜にかけて少しづつ和らいでいくような感じを繰り返す
  • 枕を変えてみたり、冷やしたりしても全く変わらない
  • ボキボキ音がして、ひどい首回りの痛みに苦しんでいる
  • 体操をした後、首が激痛で回らなくなってしまいました
  • 痛み止めが切れると痛みが酷く、寝返りもできずにいて呼吸しても痛い
  • 小さなクッションで寝たら、翌日に首が痛い
  • 寝違えしてからひどい頭痛や吐き気がする

寝違いをほうっておくと…


我慢していれば、いつかは治るんじゃないかと思われがちな寝違いですが、実は長期化しやすい、とっても厄介な症状なのです。

当院に来る患者様の相談で、寝違いを初めてなりました。

なんて言われる方は少なく過去に何回か痛めていて色々な治療院に相談されている方はとても多いのです。

長期化して酷くなると頭痛や吐き気など起こりやすい厄介な症状が寝違いですが出来ればなりたくはないですね。

なぜ、こうした急な痛みが出てしまうのかというと

姿勢・栄養状態・疲労などから筋肉や靭帯に負担かかかり硬くなってしまい、血の巡りが悪くなってしまうことで体内で悪循環が起きてしまいます。

この悪循環は例えばコップの水が溢れるまで続き、最後に溢れた際に痛みを感じます。

それまでは違和感はあるもののほぼ無痛です。

これが急に痛みを感じる仕組みになります。

普段から身体のメンテナンスをされている方はいいのですが、そうでない場合

やってはいけないこととやった方がいいことがあるのでご紹介しますね。

やって欲しくないセルフケア

首を温めることは1~2日は避けておきましょう。
腫れていた場合はさらに痛くなります。

痛いから揉むといったこともやめておいたほうがいいです。
素人揉みは揉み返しといったことが起こりやすく、更に痛くなる可能性があります。


低い枕で寝ることはやめましょう。
枕が低いと頭が球状の為、動きやすくなります。
結果、寝返りで動かし過ぎて痛める可能性があります。
やや顎を引くぐらいの高さがオススメです。

やって欲しいセルフケア

まとめ

今回は寝違えについて紹介をしましたが参考になりましたか?

当たり前といえば、当たり前な内容もあるかと思います。

ですが、意外と揉んでしまって更に痛いなんてこともあります。

セルフケアで自己治癒力をあげて、スッキリとした日々を取り戻しましょう。

もし解決の為にどこに行ったらよいか分からない
そんな時は当院にご相談下さい。

今この記事のお読みのあなたが、寝違えにお困りで、なおかつ整体や整骨院に通っているという場合、寝違えが改善してない時点で今の施術はあなたの寝違えには合っていない可能性があります。

また、肩こりだけどマッサージくらいしか行ってない、どこに相談したらいいかわからない、そういう人もおられるかと思います。

あまり手前味噌のようなことは言いたくないのですが、私の臨床経験年数はもう15年近くになり、その経験から、あなたの寝違えを改善するお力になれると思います。

まずはお電話・ネット・ラインでご予約をお取りいただき、お電話なら「寝違えで」と受付にお伝えください。
ネットやラインの場合は〝ご連絡事項〟の欄に詳しく症状を書いてご予約ください。

(柔道整復師 江本直樹 監修)