ぶつけて痣が出来て紫色になりシコリもあった時は早めの処置が必要です。

 

「あっ」しまったぶつけてしまった

こんな時ってよくありますよね

体を痛めてしまった時は自己治癒能力がある為もちろん治っていきます

しかし、中途半端な治り方をしてしまったり逆に重い病気になってしまったりする可能性もあります

これが後々不便なことがなってしまうこともあります

そうしたこと打撲を防ぐ為にも…

自信の持っている治癒能力を最大限に引き出してあげること

それが大事なのかなぁと思います

この間 あった話なのですがどうしても

出席しなければいけない用事があり、そのためにドレスを着なければいけない方がいました

なのに…

その方は運悪く腕を思いっきりぶつけてしまい大きな痣ができてしまいました

女性の方なのでこんな大きな痣が腕にできてしまうと少々、気になってしまいますよね

しかも、写真も撮りますし…

できれば綺麗な状態で写りたいですよね

そこで打撲により内出血を起こしてしまって負傷を場所へ最大限に効果を出す為物理療法だったり腫れに対する処置を徹底してやりました

結果、式の日までよりも何日か前にはしっかり消えていてその方は当日に気分良く参加できたと後で聞きました

最後に

これはうまくいった一例ですが怪我をして自分だけでどうにかしようとしてもうまくいかないことはあります。

そうした時ほど、接骨院の出番なのかもしれません。

では、明日は今日よりも良くなりましょう