長時間座るとやってしまう姿勢の改善法

まったりした時間を過ごしていますか?
忙しい日々に疲れた時は日常と違う空間で気分を変えたいと思うことが多々あります
実は気分は良くても身体に悪いことがあるので今日はその悪いことについて話をしたいと思います

身体に悪い姿勢とは

何が身体に悪いのかというと「浅く座る姿勢」です
いわゆる猫背になりやすい姿勢になります。
また、この姿勢でいると足を組みやすくなるので肩こり・腰痛の原因にもなり易いです

悪い姿勢をとると体にどんな負担がかかるか?

骨盤の上部が後ろに倒れてくる姿勢に気を付けよう
どうなってしまうかというと背骨に負担をかけます
これが靱帯の損傷や変性疾患の症状へ繋がっていってしまいますね
また、筋肉にも多大な負担を与えてしまうので立ち上がった時に腰の痛みを感じる人も多いのではないでしょうか…

姿勢の悪化の防ぎ方

骨盤が後ろに倒れないようにすることがとても大事になってきます。
これから、簡単に出来る方法をご紹介していきますね。

小道具で防ぐ

RICOH IMAGING

私は尾骨の下あたりに厚手のタオルを丸めて座り
骨盤が後ろに倒れにくくするといったことを推奨しています
まず、足首、ひざ、股関節がそれぞれ90度になるよう調節して椅子に座ります。
次に、体重が乗る位置は太ももの裏になるように意識しましょう。
最後に、大判タオルを折りたたんで丸めて尾骨の下に来るようにして座ってみましょう
以上ですがやってみて下さい

鍛えて防ぐ

それは腸腰筋という背骨から大腿骨についている筋肉です
これが背骨の関節と股関節の安定感に関係してきます
しっかりとした安定感が出ると足を組みにくくなります
この組みにくさを利用してきちんと座れているか確認にも使えます
ちゃんと座れているかなと思った時はまずは試してみましょう
股関節・膝関節・足首とそれぞれを90°の角度を目安にしておくとやり易いです
次に腸腰筋の鍛え方ですが「足振り」や「段差の昇り降り」などが簡単に出来ておススメです
それ以外にも筋肉の稼働率を上げる為にもEMSを使ってもいいですね

まとめ

「小道具の使い方」「運動方法」と簡単な紹介をしましたが参考になりましたか?
当たり前といえば、当たり前な内容もあるかと思います。
ですが、意外と忘れてしまっていることか多いので見直してみて下さいね。。
姿勢を正すと自己治癒力上がりやすくなり為の方法の一つとして是非やってみて下さい。
そして、健康的な日々を過ごしましょう。
気を付けてほしいのはEMSを使いたい時は免許をもつ資格者がいる施設で受けて下さい。
値段に釣られて、変に安い所へ行ったも銭失いになってしまいます。
注意して下さい。

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介