道具はいつまでも使えないが、いつまでも使えるものは○○

 

皆さん、こんにちは

 

使わなくなった市営住宅を改修して
芸術家を誘致する取り組みのニュースを
見ていて思うことがあったので書きました

 

ただ取り壊すだけではなく、
まだ他に使えるんじゃないか
と考えるのは大事です

 

 

しかし、使えるのではないかと…
いつまでも置いて
おくのでは良くないです

 

いつか使える日が来るかも…

 

でも、そんな日は来ません…

 

きたとしても、少ないでしょう

 

何故なら、人の考えって
日々、変わってくるからです

 

生活習慣って

 

意識をしてやっている
ことなので中々変える
ことは出来ません

 

それに比べ、その時に思うことは
人と話をしたり・物を見たりして
色々な情報に触れることで変わってきます

 

ですから、以前使っていた物などは
考えが変わっていれば
要らなくなってしまいます

 

物って案外そうなの
かもしれません

 

それに比べて
自身の身体を使う
といったことは
習慣に近い行動です

 

一旦変えられれば
要らなくなることは
まずないです

 

最初は苦労をするかも
しれませんが
後が楽になります

 

体に関する道具といえば
腰痛用かと思います

 

道具に頼らなくても
良くなるように
今日は腰のケアをお伝えします

 

今日の伝えたい事

 

腰部のケア

 

~腸腰筋~
1:うつ伏せで片足を横に出す
2:その際股関節を開き90°、膝を90°に曲げる
3:背中をそらさないように上体を起こす
注意点:その際、膝を伸ばした側の腰を浮かせないようにする

~大殿筋~
1:床に座って片脚を膝に乗せる
2:乗せた足の外くるぶしが太ももの外側当たるくらい位置
3:胸を張って背筋を伸ばしたまま膝に近づける
注意点:床に座っておこなえない方は無理をせず、椅子に座って行う

~中殿筋~
1:腰に手を当て足を肩幅以上に開いて立つ
2:体重を片足側へ乗せ突き出すようにする
3:上体を真横に倒しながら腰に当てた手で横に押し出して下さい
注意点:背中だけ曲がったり、上体が前に倒れないようにして下さい

~股関節外旋筋群~
1:座った状態で膝を90°に曲げ片膝を内側へ倒す
2:反対側の足で膝を押さえる
3:終わったら反対側も同様に行う
注意点:お尻が浮いたり、膝を曲げすぎると効きが悪くなります

以上になります

 

 

最後に

 

身の回りに物って
溢れかえっています

 

これ以上物を増やさなく
てもいいようにする為
自分の身体を管理していきたいです

 

大切なのは…
「充実した毎日」が
過ごせるかどうかです

 

その為には「健康な体」が必要だね!
ぐらいに考えておいて下さい

 

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです

もし役に立てたら、【いいね】をお願いします。

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介