相撲の稽古の1つ「すり足」について

すり足の紹介をしていきます

 
相撲の動作に
すり足といった
動作があります  
 
 
何となくはわかる
かもしれませんが
わからない人の為に
少々解説をします  
 
 
簡単に説明すると足の裏を
地面から離さないよう
に進む移動法になります  
 
 
離さずに足の裏に圧力を
かけるのですがその際に
大事な事は
「体の重心がどこにあるかです」  
 
 
重心は高くなれば
なるほど崩れ
やすくなります  
 
 
そして、崩れなければ
人は前に進めません  
 
 
では、高い方がいいじゃないか
といったことに
なるのですがここで
大切な事が起こります  
 
 
足の裏にかかる
圧力と摩擦力です  
 
 
重心が高くなると
これらが減ってきます  
 
 
そうなると
滑りやすくなります  
 
 
ですから
「重心の高さ」
「圧力」
「摩擦力」
のバランスが必要ですね  
 
 
気になる方は立って
足を開いた状態で股関節と膝を
曲げ足の裏にかかる
力の入り具合を確認してみて下さい
 
 
   
 
 
色々な発見 がありますよ  

 

しかし、それだけでは足りない

 
私がよく感じることですが…  
何が足りないかというと
「自身の体重と筋肉量で常に変わる」
という事です  
 
 
上位の人と同じことを
していれば同じに
なれるかというと…  
 
 
なれないでしょう…  
 
 
いつかはとなれば
話は別になってきますが
活躍したいのは今ですよね  
 
 
上の人達が引退するのを
待つのも1つの手です  
 
 
そんな悠長なことは
いってられないといった方は
現在の自分にとって
ベストのバランスを見つけることです  
 
 
股関節、膝、足首…
 
 
どのくらいで
曲げるのがベストなのか  
 
 
1つ1つ検証を
していくことです
 
 
人の細胞は
3ヶ月ペースで
変わっていきます  
 
 
それに合わせて形を
変えていくんだ
といった柔軟性を持った
考え方をして下さい  
 
 
相撲の稽古
1番1番の時間が
短く中々意識してやり難いです
 
 
 
 
 
 
だからこそ、稽古以外の
時間も使いチェックを
してもらうといった事
が必要になります
 
 

最後にすり足で気をつけてほしい事

 
すり足で一歩目には
注意してください  
 
 
相撲をとったことの
ある人なら経験があるかも
しれませんが踵をぶつけます  
 
 
これが足底の炎症へと
繋がることが
とても多いです  
 
 
腫れてきたら
休みましょう  
 
 
やっていいこと
はないです
 
 

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

 

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

 

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです

 

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介