相撲で注意したい、すねのケガ

けたぐりという技はご存知ですか?

けたぐりとは


試合中よりも稽古中にやられやすく、相撲で組んで相手が下に潜り込んだ時によくやられてしまう技です。
わかりにくい方は足にローキックをされるのを想像をしてみて下さい
けたぐりはとても恐ろしろしく、やられてしまうと本当に痛いのですが膝をつくわけにはいかないので、耐えるか、投げを打つなど、別な動作をしなければならないです
稽古中に狙ってやる人もいて、そんな人と稽古するのは嫌になります

けたぐりをされた時に注意したい事


打撲と似ている為、勘違いをしやすい病気があります。
それは蜂窩織炎と言われる病気です
足が蹴られ過ぎて腫れあがっている所に毛穴や皮膚の傷から雑菌が入り赤紫に腫れてしまいます。
また化膿のせいで微熱もありフラフラしてしまいます。
大丈夫だろうと湿布を貼って寝ているだけの人がよくいます。
熱と足が腫れていた時はすぐに病院に行きましょう。

蹴られた後のケア

冷やしながら待っていればいつかは良くなるかもしれません。
しかし、医師に処方をしてもらったほうが圧倒的に早く良くなります。
ですから皮膚科への早期受診をオススメします

最後に

すねが痛い時に気を付けたいのがこのぐらい大丈夫だと飲みに行ってしまうことです。
翌日、腫れて大変な思いをしていた兄弟子や同期を現役時代にたくさん見ました。
必要以上に蹴られた時は、早目に医療機関へ行くか?
軽い痛みであれば大人しく寝ていること必要です。
稽古後のケアをしっかりとして下さい。

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介