相撲でおこる足の親指の怪我について

今日は足の親指の怪我について

 

相撲では土俵を
親指で噛むといった
動作をよくします

 

噛むって何?

 

そういわれるかも
しれませんので説明します

 

土俵の上は
砂を除けば、
ほぼ平面です

 

 

このままでは滑ってしまう
ので引っ掛かり
を作らねばなりません

 

その引っ掛かりを
作る為に親指を曲げます

 

この状態を
噛むと表現します

 

噛んだことにより、
重心が動き土俵に
体重が乗りやすくなります

 

そうすることで
前に進む力が
生まれるのです

 

鍛え方としては
昔からよくある方法として
踵を上げて指に力をいれる方法です

 

稽古中はそうしていろと
親方にはよく言われました

 

しかし、気付くと
踵が下りています…

 

強くならない
わけですね…

 

昔いた某横綱は
丸一日踵を
上げていたそうです

 

やはり、強くなる人は
毎日の積み重ねを
大事にするものですね

 

さて、本題に戻ります

 

 

指の怪我ですが
俵にひっかけて
痛める人をたくさん見かけました

 

どうしても指は
使うものなので
痛める確率が高いです

 

しかも足の指はぶつけると
裂離骨折をしやすい
個所でもあります

 

足の力はとても強いのに
指の骨は小さいからだ
と言われています

 

捻ってか、ぶつけたか
で対処法は変わります

 

ぶつけた時は骨折の有無を
確認して怪しい症状が
あれば医療機関に
受診をすすめます

 

捻った時はバディテープ
にして親指と隣の指を
テーピングで巻いて安静にさせます

 

そういはいっても
固定力が足りなさそう
であればギブス固定もします

 

腫れがひいて稽古を始めた
としてもバディテープは
暫くはやっておいた方がいいでしょう

 

しかし、いつまでもテーピング
をやっていると指を噛む力が
弱くなるので気を付けなければならないです

 

ですから、指の施術をする時は
軸を整えたら物理療法を使い
炎症をすぐに引かせることが大事ですね

 

出来るだけ早く指の
トレーニング始められる
ようにします

 

指の関節には物理療法が
よく効きますので
騙されたと思って
やってみるのは有りだと思います

 

最後にここだけは気を付けて下さい

 

保険施術で行う物理療法は
機械の性能が良くないこと
が多いので注意しましょう

 

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

 

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

 

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介