番付を見ながら思ったこと

ふと思うこと

 
 

今日も院内で
一人事務作業
をしています

 

丁度、出羽海親方から
番付が届いたので
飾りました

 

 

本当にいつも
気にかけてもらって
ありがたいことです

 

不思議と気にかけて
もらっていると
頑張れそうな
気がする時って
ありませんか?

 

孤独感を感じると
どうしてもやっぱり
いいかなっと
なりがちです

 

相撲で例えるなら

 

相撲って個人競技なので
日々の稽古でも
ここまででいいかと
自分で決めてしまいがちです

 

ここまででいいかと
思うとここまでしか
変わりません

 

ですから、ちょっと
苦しいぐらいが
丁度いいのかも…

 

だからこそ、変化が必要

 

自分では限界を簡単に
作ってしまうからこそ
誰かに気にかけて
もらえると乗り終え
やすいのではないでしょうか?

 

一度、乗り越えれば
その後に違う景色
が見えてきます

 

人間、繰り返して
ばかりいると
飽きてしまいます

 

だからこそ、少しずつ
違う景色が見て
いたいものですね

 

私も毎日ブログを
書いているせいか
日々色々な事に追われます

 

「毎日、書いているから暇じゃないの?」

 

ってたまに知り合いから
言われますが書き始めてから
投稿するまでに2時間近くはかかります

 

24時間は平等なので
行動できる時間が
少なくなるので
手際よく動かねばなりません

 

毎日の工夫が
大事になって
きています

 

最後に

 

工夫をしていると
毎回違ってくるので
飽きずに続けられる
のではないでしょうか?

 

運動が続かない

 

あの習慣は大変…など
といったことがある人は
工夫をしてみてはどうでしょう

 

気にかけてくれる人が
いないのであれば、
宣言してもらえれば
観察しますよ

 

出来なかったことが
出来るように
なれるといいですね

 

 

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

 

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

 

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです