脊椎調整
脊椎調整

目的

関節の制限因子は骨及び 筋・靭帯などによって調整されています。

筋肉の強弱の変化があると 骨格構造の力学的変化として必ず現れます。

その結果、「生体の歪み」 すなわち重要な脊椎や骨盤の不調和が起こります。

それらの不調和を改善するために行います。

方法

筋紡錘・ゴルジ腱器官と呼ばれる部分に、「整復技」や「機械を使い」適度な刺激を与えて変化をさせていきます。

関節の緩み調整

滑膜性関節には解剖学的に 正常な範囲の力学的な遊びがあります。

何らかの原因によりこの関節の遊びが失われると関節の機能の喪失や痛みとなり関節の障害が現れ生体の歪みに関与するようになります。

その為、緩みの調整が必要なのです。

方法①

~徒手による方法~

基本となる方法は柔道整復術の整復法の応用となります

整復法とは関節を元の位置に戻す方法です

バキ、ボキするイメージがあるようですがそんなことはなくとてもソフトな方法となります

方法②

~器具による方法~

アクチベーターという器具を使い瞬間的な押圧をすることで背骨の調節
などを行います

関節に必要なことは

手段よりも、動かない関節があることに注目しなければならないです。

動きの止める時に使う関節か?・動く時に使う関節か?以上を見分けながら、関節の役割をうまく引き出すことが脊椎調整では行います

 

完全予約制・予約専用電話番号045-507-8705受付時間[日・祝日除く]         
[平日]10:00~12:00 16:00~21:00
(最終受付20:00)  
[土曜]10:00~12:00 16:00~19:00
(最終受付18:00)  
時間外は応相談一度連絡をして下さい!「10時前や21時以降の施術」

メールでのご予約はこちら