物理療法

物理療法の特徴

怪我の初期など、触ると状況が悪化してしまう時や
手技・運動療法を行うと色々な作用が一辺に起きてしまいます。

そうした作用を避け必要な作用だけを起こしたい時に使用します。

何故、物療をすると早く良くなるのか?

身体にはナトリウムやカリウムの
化学物質の力で発電を行い数々の電気現象を起こしています。

その中で生物電気という活動電位と静止電位があります。

この二つの作用に新陳代謝を促進する作用が有り
結果、早く良くなります

活動電流とは

筋・神経・内臓などの組織や器官が活動状態
又は興奮状態にある時に発生する電気のことをいいます。

 

この中でも大事作用は「死ぬ細胞と生まれる細胞の代謝」
には「活動電流の発生が必要」だということです。

細胞にとって必要な電位量は違いますが
その要素は三つ「強さ」「時間」「変化」です。

強さが強くても時間が短かったり、
徐々に上げたりすると効果は出にくくなります。

また、弱すぎても変化が起こりません…

静止電位とは

活動電位以外のことをさし細胞膜に対して
イオン変化が一定に帯電している状態をいいます。

何らかの原因で電位の変化が起こることがあり、
その興奮(活動電位)以外での原因で起きたものである。

筋繊維と神経にはこれらが集中しており影響を受けやすいです。

静止電子を刺激することで
活動電位が発生し代謝が行われ治癒を早める出来ます

治癒促進の為の刺激例

1:温泉・冷泉などによる塩類溶液に浸した時に起こる塩電流
2:温熱療法による熱電流
3:筋の圧迫によっておこる歪み電流
4:鍼や骨折等損傷をすることでおこる損傷電流
以上が代表的な静止電位を刺激するものです

 

上記作用を高める方法

 

静電療法(低周波)

高電圧療法

電位負荷の法則の原理を利用した高電圧療法を採用しています
活動電位を活性化させる三要素である「強さ」を上げることの出来る方法です

電位負荷とは

「人体に一定の電圧を負荷すると生体イオンの
変化が起こり電圧に比例して血液中に陰イオン
が増加しその結果として細胞の新陳代謝が活発になる現象」

 

温熱療法

温熱療法

説明
昔から行われている、記録に残っているのであれば
大正時代から行われている方法です
熱刺激による代謝向上に足して、血管拡張による
循環改善をして早期回復を目指します。

方法
タオルなどを熱湯に浸して絞り患部に巻くホットパックというやり方が
一般的ですが当院ではアイント・シュルツの法則を
元に超音波療法の振動・温熱作用を利用します。

 

冷気療法

冷気療法

説明
今では薬品がある為出番の少なくなってきた方法ですが
浮腫・炎症・麻酔効果・痙直(筋緊張が強くなった状態)
などの抑制に使われていました。

方法
当院では過剰な新陳代謝抑制(炎症)の為に行いますが
主な方法として気化冷却法を使用します。

また、温度の低下させ過ぎによる
怪我を防ぐ為に表面温度計を使用しながら行います。

 

光線療法

光線療法

説明
当院では赤外線を使用し
輻射による緩やかな熱を加えます。

緩やかな熱作用には鎮痛効果や
皮下の循環改善も狙えるので
急性期を過ぎた外傷等にも利用します。