こんにちは、けんゆう接骨院の江本です。
坐骨神経痛でお悩みの方へ読んでいただきたいなと思います。

太ももがビリビリして痛い、感覚がおかしい、歩いていると足が重い
その他にもふくらはぎ 痛みが出るなど本当に困ってしまいますよね

当院でも坐骨神経痛の相談は2番から3番目に多い相談内容です。
今回は、なると厄介な坐骨神経痛の原因と解決方法をお伝えしていきます。

まずは坐骨神経痛とは

症状であり、病名ではないということを知っておくことが大事になります。
それはどういうことかというと、様々な原因が重なることによって引き起こされるということです。
腰に原因があって起こる場合もあれば骨盤や坐骨神経付近に原因があって起こる場合もあります。
原因がなければ、変形なども疑わなければなりません。
また、そういった様々な原因の中に姿勢や筋肉に原因がある場合があり、「筋肉が張っているので痛い」「張った筋肉が原因で神経を圧迫してしびれる」等といった事も起こります。

これが湿布薬が効きにくいといわれる原因の一つとも考えられます。
湿布薬は「腫れている・痛い」といった症状に対して効くものなので「張ってきているので痛い」では少々ズレてしまっています。

坐骨神経痛が痛い時に注意したい事

そうした、「張ってきて痛い」といった場合、何に注意しなければいけないのか?
それは股関節・膝・足首の動きに注意することです。
その中でも注目したいのは「足首」です。

この足首が上手く動かなくなってしっかりと体重が乗らなくなってしまうと股関節を捻ることに繋がり、筋肉が緊張して神経を圧迫して痺れを感じさせたり、膝関節も捻ることになっるので曲げにくくなり、筋肉がつってしまうことで伸びなくなり、その状態を激痛・ビリビリするとして感じてしまう方もおられます。
ですから、坐骨神経痛を解消する為には「足が上手く動いている」といったことが重要なのです。

当院で行う坐骨神経痛への整体施術

ストレッチ
ストレッチ

当院で行う整体施術でショパール・リスフラン関節の動きだし距骨と呼ばれる骨の位置を正常に戻し、更に物理療法を併用することでつってしまった筋肉の状態を正常化させることが出来ます。
また、この状態で日数を過ごしてしまうと症状が複雑に絡んでしまい一筋縄ではいかなくなってしまいます。
そうなってしまわないように早期に整体で足の動きを取り戻せるように整えていきます。

その際に足の動きが腰に影響を与えてしまうので立ち方や座り方の指導なども合わせてお伝えしていきます。

患者様の感想

60代、女性
Q 今回は身体のどこの痛みで通院されましたか?
A 腰・股関節
Q 施術は何をしましたか?
A 超音波観察・ハイボルト・脊椎矯正・ストレッチ
Q 通う前と今の違いや体調が良くなって嬉しかった事は何でしたか?
A 歩くたび痛みがあったのですが今は良くなったのでうれしかったです。

坐骨神経痛で施術受けたい場合の予約について

施術後のアドバイス

坐骨神経痛は重症化してからでは接骨院では手の打ちようがありません

軽いしびれだと思っていたら段々と足がしびれるようになってきた…
痛みとしびれで夜も寝れない…といった症状まで進行してしまうこともありますので、気を付けて欲しいと思います。
坐骨神経痛が重症化して日常生活や仕事にも影響してしまうと、困ることは多いのではないでしょうか?
そうならない為にも、ご自身の坐骨神経痛の原因を知って症状を改善したいと思う方はお早めの予約を下さいますようにおススメします。

当院は初めての方の受診は1日2名限定です。

何故なら、初めて受診される方の話をしっかりと聞きたいからです。
しっかりとした検査や測定をして施術をするには時間もかかります
「足が痛くて辛いのに都合の良い日時に予約が取れなかった」
「今すぐ治療受けたいのに予約が取れない」
となりませんように、今すぐご予約ください。

予約専用電話番号

045-507-8705

当日の予約は電話がおススメです
受付時間[日・祝日除く]         
[平日]10:00~12:00 16:00~21:00
(最終受付20:00)  
[土曜]10:00~12:00 16:00~19:00
(最終受付18:00)  
時間外は応相談一度連絡をして下さい!「10時前や21時以降の施術」