こんにちは、けんゆう接骨院の江本です。
肩こりって厄介なもので若い人から高齢者まで幅広い年代の方が悩まされていますよね
当院でも肩こりの相談は腰痛に続いて二番目に多い相談内容です。

今回はそんなしつこい肩こりの原因と解決方法をお伝えしていきます。

まずは肩こりとは何なのでしょうか?

「首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うこと」

(日本整形外科学会・症状より抜粋)

その際に張りやすい筋肉として肩回りの筋肉である僧帽筋が張ってきてしまい肩こりの原因となってしまうことが考えられます。
ですが、筋肉はそれだけではなく沢山の筋肉が影響して緊張感をだしてぶり返しやすい原因となっています。

これが湿布薬が効きにくいといわれる原因の一つとも考えられます。
湿布薬は「腫れている・痛い」といった症状に対して効くものなので「張ってきているので痛い」では少々ズレてしまっています。

そうした、「張ってきて痛い」といった場合、何に注意しなければいけないのか?
それは関節の動きに気を付けることです
その中でも注目したいのは「肩甲骨の動き」です。

この肩甲骨が上下左右に引っ張られながら動きかたよる事で、肩回りの筋肉の硬さを作っています。
ですから、肩こりを解消する為には「肩甲骨が上手く動いている」といったことが重要なのです。

当院で行う肩こりの整体施術

肩甲骨はがしという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
当院で行う整体施術にも肩甲骨はがしは含まれています。

ただ、他院が行う肩甲骨はがしと違うことがあります。
それは肩甲骨に指を引っ掛けて無理やりはがすといった荒っぽいやり方をしている所を多数見受けます。

しかし、当院ではそんなこともせずに関節の動きを見極めながら優しく肩甲骨の動きを良くしていきます。

その際に肩関節の動きの軸がズレてしまっている方も多いので、そうした軸のズレも合わせて揃えることで、肩甲骨の動きがより一層良くなっていきます。

患者様の感想

40代、女性
Q 今回は身体のどこの痛みで通院されましたか?
A 首
Q 施術は何をしましたか?
A 運動・電気・姿勢指導
Q 通う前と今の違いや体調が良くなって嬉しかった事は何でしたか?
A 首が痛すぎて何をするにもつらかったのですが、今は普通に生活できるようになって嬉しいです。
Q 同じ症状で悩んでいる方へ、アドバイスやメッセージがあれば是非教えてください!
A 先生のアドバイスを守っていれば、きっと良くなるのでご相談されるといいと思います。

肩こりで施術受けたい場合の予約について

施術後のアドバイス

接骨院は医療機関なので、もっと重症にならないといけないのではないですか?と言われたことがありますが、そんなことはありません。

肩こり程度と思っていて手がしびれるようになってきた…
痛みで夜も寝れない…といった症状まで進行してしまうこともありますので、気を付けて欲しいと思います。

肩こりが重症化して日常生活や仕事にも影響してしまうと、困ることは多いのではないでしょうか?

そうならない為にも、ご自身の肩こりの原因を知って症状を改善したいと思う方はお早めの予約を下さいますようにおススメします。

当院は初めての方の受診は1日2名限定です。

何故なら、初めて受診される方の話をしっかりと聞きたいからです。
しっかりとした検査や測定をして施術をするには時間もかかります。

「肩が重くて辛いのに都合の良い日時に予約が取れなかった」
「今すぐ治療受けたいのに予約が取れない」
となりませんように、今すぐご予約ください。