首回りが痛いのに病名がつかない方へのお薦めケア

首が痛くてつらい
そういった症状をもっている方は沢山おられると思います。
そうした方にこそ今日の話は聞いてもらい書いています。
読み終わった後には是非参考にしてみて下さい。

首が痛くて身体のケアをする時

まずはやってみるのはどうでしょうか?

しっかりやろうとすると中々踏み出せません
ですから、痛めやすい所からやってみましょう
前屈みでいると首が痛くなりやすい
こうした経験って多くないですか?
すぐに痛みが引くのであれば問題はありませんが引かないと悩まされます
仕事や家事などにも集中出来ません
なので、今日は中々引かない痛みに対しての注意と体のケアの方法をお伝えします
首回りのケアとしてやってもらいことは脇腹と肩甲骨です

首回りで気を付けたい病気は

変形性頸椎症・頸椎ヘルニア・後縦靭帯骨化症
頸椎神経根症・リウマチ性・化膿性・結核性脊椎炎等々です

前面:筋炎・甲状腺
側面:筋炎・リンパ節炎・神経痛・顎下腺炎
後面:筋炎・捻挫・神経痛・右肩からお腹の胆嚢疾患・左肩から胸の心疾患

ざっと上げるとこれだけあります。

細かく言うならもっとあります…

そうした疾患を持っていると中々痛みは引きません
長引く痛みがあるなら、一度は医師の診察を受けるのがいいのではないかなと思います

上記に病名に当てはまらない人

これからお伝えするケアをやってもらえたらいいなと思います

脇腹で気を付けたい所は

1:広背筋上部

まず、立って手を前に組みます。この際手のひらは自分の方に向けます
次に、軽く膝を曲げて背中を丸めてさらに前に出します。
背筋がまっすぐにならないように注意して下さい

2:広背筋下部

まず、立って手を頭の上に組みます。この際手のひらは下を向くようにして下さい
次に、肘を伸ばして、肩から上げるように伸ばします
最後、体幹を横に曲げて、手を横に倒します

肩甲骨の動かし方

1:キャットレッチ

まず、胸を開くように、肩を限界まで後ろに引きます

次に、肩を十分に引いたら、頭を後ろに倒します
最後、そのまま3つ数えて頭を起こし、肩の力を抜いて下さい
肩甲骨でカットレモンを搾るようにしてみるとやり易いです

2:肩甲骨を動かす

まず、立った状態から手を前に出してイスに手を付けます
次に、肘を伸ばしたままベットを押して肩甲骨が前に出るのを感じてみて下さい

以上ですが参考にしてみて下さい

最後に

特に不便のない方は今のままでも良いと思います
ですが、もっといい方向へ変えることも出来ます
是非、軽くなった自分を体験して頂きたいです

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介

予約専用電話番号

045-507-8705

当日の予約は電話がおススメです
電話受付時間[日・祝日除く]         
[平日]10:00~20:00  
[土曜]10:00~18:00
※時間外「10時前や21時以降の施術」は応相談になります。
※出張施術に行っていて不在もありますので、ご来院前には必ずお電話にて予約をして下さい。