背伸びをして肩が痛くなった時の対処方法

先日から、肩の相談が絶えません

悩まれる方が多いのですね
昨日来た患者様は起きた時に痛みを感じてから肩が途中までしか上がらないとの話でした
もう少し、詳しく話を聞くと背伸びをした時だそうです
この状態って、肩の脱臼の履歴や関節がゴリゴリなる緩い人には大変危ない動作です

その動作とは


特に寝た状態で背伸びをすると、肩関節が緩みやすい角度になるので外れやすくなります
ですが外したことのある方は、肩に嫌な予感がして腕を引っ込めるので中々外れません
しかし、あることが起きます
それは関節の軸がズレたまま肩の位置を元に戻してしまうことです
関節を戻したので脱臼はしてはいないのですが、肩の軸がズレているのでその後がうまく動きません…
この状態だと背中や首回りの筋肉を引っ張ることになるので肩こりに近い症状もでます
常に重だるいので不快感がとても強いです
そして、困ったことに仕事をしようと思えば我慢してすること出来ます
我慢して動かしていくので作業内容次第では庇う為にあちこちが痛くなってきます
こうなってしまうと「辛い」の一言でしか表わせなくなってしまいます

おススメの対処方法

そうなってしまう前に肩の整復です
整復って骨を接いだり脱臼をはめたりするだけではないのです
関節の緩みや軸の調節なども出来ます
結構、対応をすることが出来る幅は広いです
よくバキバキされるといわれる方がいますが…
そんなことはなく調節ですからほぼ無痛で「あれっ」っといった間に終わります
調節をすますと関節がきれいに動くようになるので動きやすくなります
肩が上がらない時に行う治療の選択の一つとして知っておいてください

次がもっとも大事なこと

調節をすました際にその周辺の組織は損傷をしています。
怪我をしているということです。
必ず、怪我の処置をして下さい。
間違っても揉んではいけません。
数日後、腫れが引いてきますのでそうしたら、揉んだり運動をしたりをする時です。

最後に

そのまま、接骨院で施術・運動をしてもいいし、マッサージやリラクゼーションで揉まれていいいです
ジムや自宅で運動をしてもいいですね
懇意にしている所があればそこに行ってみて下さい
以上になりますが肩を痛めた時の参考にして下さい

【柔道整復師 江本直樹 監修】