皆さん、こんにちは

 

昨日の大相撲は
見られましたか?

 

高安関の悔しい顔が
記憶にしっかり
と残っています

 

一つのミスで何かを
逃してしまう瞬間です

 

切ないですね

 

何かが起こる時って
一瞬です…

 

物を取ろうとして
伸ばした動作だけで
痛みが出ることもあります

 

 

そんな急な痛みには
びっくりしますね

 

ここでして
欲しくないことは
グルグル肩を回す
といった行為です

 

たまたま、筋肉が攣っただけで
痛かったのが、回して伸ばされた
勢いで筋肉が本当に切れてしまいます

 

こうなってしまうと怪我です

 

急な痛みのせいで何だったんだろうと
動かしてしまいがちですが
ここでは動かさない方が正解です

 

まれに関節の緩い人は
関節の軸がズレてしまい
いつまでも痛くなることがあります

 

そうした方の場合
ここから整えていかない
と痛みが引いてきません…

 

整える為には少々コツがあるのですが
伝え方を間違えると
逆に悪くなってしまうので
ここでは辞めておきます

 

一瞬のミスって、中々防ぐことは
出来ませんがその後を
どう過ごすかで
大変になるかどうか分かれます

 

変えていきましょう

 

その為にゆっくりと動かす
ストレッチを学びましょう

 

 

 

今日の伝えたい事

 

今日は肩回りのストレッチです

 

~三角筋前側~
1:手を後ろに組んで立つ
2:胸を張って腕を天井方向へ引く
3:背中を丸めないように注意する

~三角筋中部・後部~
1:左足の片膝を立てて、右側の片肘を膝に置く
2:手の平を天井方向へ向ける
3:体重をかけて右肩を前に出す左肩を伸ばす
注意点:つられて上半身が回らないようにして下さい

 

~ローテーターカフ(外旋筋)~
1:片腕を腰の後ろに回し手の甲をつけます
2:反対側の手で肘を持ちます
3:脇は締めずに開いたまま肘を前から引く
注意点:上体を正面に向けて捻らないようにする

 

~ローテーターカフ(内旋筋)~
1:壁に肘を90°に曲げ手の平を当てる
2:反対側の手で肘を押さえて逃がさないようにする
3:顔と上体と同じ方向へ振り向きながら捻る
注意点:肘を離さないこと・顔が反対を向くこと

 

~肩甲骨周囲(大円筋)~
1:壁から1mくらいの位置から両手を目線より上につく
2:指先を内側へ持っていき肘を伸ばす
3:肩と腕の力を抜いて頭を下げ腰を落とし込んで腕を引く
注意点:肘が曲がらないように気を付ける

 

 

最後に

 

行動を習慣化出来るか
どうかが大事です

 

「ヤバいと思ったら
まずは手を止める」

 

これを習慣化
してみましょう

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

 

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

 

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです

 

 

 

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介