皆さん、こんにちは

 

今日は本当に暖かいですね

 

これから週末にかけて一気に
気温が下がるとのことですが
ニュースではジェットコースター
のようだと表現をしていました

 

気温の上がったり下がったりが
続くと自身の体温管理
が難しくなります

 

 

体温管理が難しいということは…
体調を保ちにくい
ということに繋がります

 

こればかりは天気のせい
だからとあきらめない
様にして下さい

 

私は柔道整復師なので
こうした時に起こりやすい
筋肉が攣るといったことに
対して伝えたいことがあります

 

それは汗をかくと
抑えるために身体は
血管を拡張させます

 

その生理作用により
体温が高くなり過ぎないように
調節をするのですが
ここで問題があります

 

汗をかいてそのままにしておくと
外が冷えて温度が低くなった時
体温を逃がさないようにする為に
血管が収縮します

 

その状態になると筋肉を動かす為に
必要な成分が血液中にあるの
ですがそれが足りなくなります

 

しかし、体は体温を上げる為
に小刻みに動かし始めます

 

そこで無理が起こった時に
攣るといったことが起きます

 

ここで止められるのが
一番ですが更に余計なことを
してしまいと筋肉が
切れてしまう人もいます

 

こうなってしまうと
怪我なので中々
よくならないです

 

自身でやらないといけないこと

 

一つ目は
「体温管理」です

 

二つ目は
まずいと思った
時はゆっくりと動くこと

 

この二つです

 

そして…
落ち着いたら

 

ダイナミックストレッチ
をして血液循環を
上げて欲しいです

 

下半身のストレッチ
について書いておく
のでやってみて下さい

 

 

今日の伝えたい事

ダイナミックストレッチは

 

動的な柔軟性の
向上を目指していきます
「いかに伸ばされる
伸ばされる筋肉を脱力するか」
これがポイントになります

 

それぞれの動かし方の間に
ウォーキングなどを数歩まぜながら
おこなってみて下さい

 

~下半身①~
1:ニータッチ
片膝を高く上げてあげて反対の手で触る
左右交互にリズミカルな動作で行います

2:トータッチ
勢いを付けて高く振り上げたつま先を反対の手で触る
その際に足首は伸ばした方が足が上がりやすいです

3:ヒールタッチ
片膝を素早く曲げてお尻の後ろで踵を触る
連続で左右の動作を繰り返します

4:くるぶしタッチ
片膝を曲げて足を外に開きくるぶしを触る
大体、お尻の横ぐらいの高さが目安です

~下半身②~

1:レッグスイング(前後)
足を前後に大きく振る
片脚の姿勢で勢いをつけて脚を股関節から大きく前後に振る
バランスを崩すことがあるので椅子や壁に手をつけて行う

2:レッグスイング(左右)
足を左右に大きく振る
片脚の姿勢で体を捻らないように股関節から左右に大きく振る

3:股関節の内・外回し
骨盤が正面に向くように意識をしながら
片膝を大きく内向きに外向きに回す

 

 

最後に

 

筋肉が攣る以外にも
体調は崩れやすいです

 

インフルエンザなども
そろそろ流行って
きているようなので
気を付けて下さい

 

特に不便のない方は
今のままでも良いと思います

 

ですが、もっといい方向
へ変えることも出来ます

 

是非、軽くなった自分を
体験して頂きたいです

 

 

投稿者プロフィール

江本直樹 (元鷲の海)
江本直樹 (元鷲の海)柔道整復師/登録販売者
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しい紹介はこちら⇒自己紹介