怪我をした時、RICE処置をするといったこと聞いた方は多いと思います。

しかし、最近ではRICEだけではなく患部を「保護」といったPRICEといった方法も怪我をしたばかりの段階では必要と言われています。

PRICEの時期が過ぎるとPOLICEといった「保護」+「最適な負荷」をするといったことが大切になってきます。

接骨院では関節や筋肉を痛めたことに対して「保護」+「最適な負荷」を行うことが許可をされています。

しっかりとした処置とは「PRICE→POLICE」のことをいいますので適当な処置で後遺症にならないようにして欲しいです。

整復法

骨折の整復

徒手整復(牽引直圧法・屈曲整復法)
骨折部を皮膚の上から柔道整復師の手を用いてずれた骨を持続的に引っ張って正常な位置に整えていきます。

観血的整復(医師による手術)
皮膚を切開して、直接骨に力を加えて正常な位置に戻します。

牽引による整復(介達牽引法)
重りのついた牽引装置で持続的に引っ張ることで折れた骨や骨に結合している靱帯や腱、周辺の筋肉の力でズレてしまい正しい位置に保てない時に整復する方法です。

脱臼の整復

正常な位置から外れたままでいる関節を元に戻す方法

関節の微小な調整

繰り返したケガなどで靱帯が緩んだり、身体の使い方が悪くて
関節の位置がズレて引っ掛かっている状態を整復動作で四肢の関節を元に戻す方法

【詳しい整復法はこちらへ】

固定法

応急手当や腫脹が著しい場合に使用

「固定の補助などに」「矯正しながら固定する為に」「スポーツ時や怪我の回復後の筋肉の補助に」

【詳しい固定法はこちらへ】

手技療法

当院では問診をする事により局所的な状況を変える為の手法として行います。

簡単に言うと「さする」「押す」「押しながらさする」「吸い上げる」の4つの組み合わせです。

※○○療法といった名前をつけた施術はしていません

【詳しい手技療法はこちらへ】

運動療法

パーソナルトレーニング

説明
疾病や損傷における筋・関節の予防的措置とともに機能障害へのアプローチです。

簡単に言うと施術者が抵抗をかける運動やゴムやダンベルなどの重さを使い、単純な力の強さを上げたり関節の動く角度を拡げていきます。

【詳しい運動療法はこちらへ】

物理療法

説明
怪我の初期など、触ると状況が悪化してしまう時や手技・運動療法を行うと色々な作用が一辺に起きてしまいます。

そうした作用を避け必要な作用だけを起こしたい時に使用します。

【詳しい物理療法はこちらへ】

生活管理法

人の生活は「寝る」「立つ」「座る」「歩く」のどれかを行っています

※走るは「歩く」と同じ分類だと思って下さい。

こうした生活環境を見直す方法です

【詳しい生活管理法はこちらへ】

予約専用電話番号

045-507-8705

当日の予約は電話がおススメです
受付時間[日・祝日除く]         
[平日]10:00~12:00 16:00~21:00
(最終受付20:00)  
[土曜]10:00~12:00 16:00~19:00
(最終受付18:00)  
時間外は応相談一度連絡をして下さい!「10時前や21時以降の施術」