接骨院では検査測定のことを評価といいます

接骨院で行われる評価の目的は問題点の抽出、予後予測、到達目標、それにかかる期間の設定をすることです。
その方法として様々なものがあります。

検査内容(医療行為)

【整形外科テスト】 【筋力】 【感覚】 【反射】 【痛みの検査】
筋群間のバランス状態・拘縮・関節可動域の制限因子の把握をする為に使います。
末梢神経には損傷部位の決定にもっとも重要です。
合わせて感覚障害の部位と比較すればより明確になります。
また、神経系の状態を客観的につかむ為に行います。

測定内容(医療行為に該当しないこと)

関節の動き 手足の太さ 腕や足の長さ 血圧 体温の測定等が許可がなくても出来る範囲になります。
良くなっていく経過を記録していくことで、どこまでをゴールとするか決める事が出来ます

映像観察

ゆがみーる(映像による傾きの分析) などを使った全体的なバランスのチェック

計測・観察装置による局所的なチェック

東洋医学の見立て

脈・舌・腹といった東洋医学の視点にをもって 見立てたり、触った感触をから判断します。

当日の予約は電話がおススメ045-507-8705[平日]10:00~20:00
[土曜]10:00~18:00
[休日]日曜・祝日【時間外は応相談】

ライン@で予約 お気軽にお問い合わせください。